少年たちよ、もっと本を読もう
 近ごろの若い者は本を読まないと嘆く大人の声をよく聞きます。私に言わせれば、そんなことはない、本が好きで、読んでいる子はたくさんいます。本は読みたいけれど、どんな本を読めばいいのか、と迷っている子も多くいます。それを指導してやれない大人の世代にも、その意味では責任があります。
 口はばったい言い方かもしれませんが、もしここで、お子さんと親の世代を超えて楽しく読めるような本があれば、事情は変わってくるのではないでしょうか。このリーフレットは、親子の世代を繋ぐ、本を読むことがどんなに楽しいかを知っていただく、そんなお役に立てればということを意図して編んだものです。お友達を誘って、この小さな冊子から1人でも多くの子が、自分の本探しの旅に出てくれることを願っています。
少年X君原本.pdf
PDFファイル 1.6 MB